日本語 (JAPANESE)

1850年の創設以来、ブキャナン インガソール & ルーニーでは、優れた法務専門性、健全な判断と、クライアントの必要なものへの理解、そして直接かつ誠実なコミュニケーションと、常識に基づいたクライアントサービス とパートナーシップを提供してまいりました。当事務所の根底 にあるのは、職業倫理と企業の透明性です。

当事務所は、最適な規模で運営されています。
当事務所には、皆様から寄せられるあらゆる課題に立ち向かう準備があります. 当事務所では 530 名あまりの弁護士を擁し、担当は、企業組織、企業財務、訴訟、知的所有権、法人及び個人税務、政府折衝関連、債権、雇用、従業員報酬、労働問題、移民、不動産と信託業務、政府契約と事業契約にわたるすべての分野をカバーしています。当事務所が擁する弁護士と政府折衝の専門家は、幅広い事業分野にわたり、どのように法律が影響を与えるかの理解を深めるとともに、こうした事業でのクライアントのためのサービスと知識を継続的に向上させる努力を続けてまいります。その担当分野の一例をあげるだけでも、金融サービス、ヘルスケア、エネルギーと天然資源、製造、小売り、エンターテイメントとメディア、製薬、不動産、教育サービス、ホテル、技術などの多岐にわたります。こうした分野での当事務所の豊富な経験に基づき、効率よく生産的な組織化された業務サイクルで、品質の高いサービス提供につなげています。

お客様との関係の一つ一つを大切にしています。
当事務所の規模は大きなものですが、一つ一つのクライアントをよく知り、人としてのアプローチを心がけています。皆様の必要と期待するもの、気にかけられていることは何かを理解するために日々邁進しています。当事務所では、皆様の課題の優先事項を理解した上で、決断に生かし、多くの資源と、経験豊かな顧問業務を提供できる思慮深いパートナーとして皆様をお手伝いさせていただきます。当事務所は、コミュニティの一員としての努力も怠りません。周囲の方の暮らしのために、長年にわたってさまざまな活動を行ってきています。皆様と同じく、当事務所も、事業で何が起こっているかを真剣にとらえています。

パートナーシップの重要性。
今日では、クライアントからは、顧問事務所との取引関係以上のものが求められています。それは持続可能で、価値のあるパートナーシップです。社内のチームと有機的に連携し、考慮し活動できるパートナーが必要とされています。事業に明るく、問題に対処でき、必要を見越して行動する、スマートで協力的な専門家が求められます。こうしたパートナーシップでは、知識や着想、アドバイスや回答を、よりスマートでより効率的な形で共有することが必要です。

クライアントにとっては、よりよいサービスを知り、より効率的で、より大きな価値を持つ、よりすばらしいパートナーシップを得る機会が今なのです。